自動車買取業者①自動車買取業者の特徴とサービス内容

      2016/02/28  [買取業者はどこで選ぶ?]

今では、テレビやラジオ等から「どこよりも高く買います」といった謳い文句で、高価買取を掲げる大手自動車買取業者のコマーシャルが多く流れているので、興味がない人でも「会社名を覚えてしまった、」という人は多いのではないでしょうか?

自動車メーカーは途絶えることなく、次々と新しい自動車を開発しては販売を繰り返しているので、自動車販売市場は目まぐるしく回転を続けています。

しかし、自動車販売市場は何も新車販売だけがメインではありません。

 

新車に乗り換える際に必要でなくなった中古車も、自動車販売市場では新車に並ぶメイン商品の一つなのです。

そして、その中古車販売市場の一翼を担っているのが自動車買取業者です。

 

以前は、中古車の入手ルートといえば、新車買い替えの際に利用するディーラーや販売店、もしくは中古車販売業に限られていましたが、今では、そこへ自動車買取業者が参入して、この図式は大きく塗り替えられることになりました。

今の自動車業界は、新車を購入するならディーラーや販売店、中古車の購入・売却なら自動車買取専門業者という図式となりつつあります。

 

これは自動車販売業者が、新車販売に特化したディーラーや販売店、中古車販売に特化した中古車販売業者である両者のウィークポイントである買取事業に特化した事業展開を開始し、中古車の購入・売却に関して言えば自動車買取業者でよりお得な取引が可能となったからに他なりません。

それでは、その自動車買取業者の特徴とは何かを解説していきながら、そのサービス内容について紹介していくことにしましょう。

 

1.自動車買取業者の特徴

「自動車買取業者は高価買取がモットー!」

自動車買取業者の特徴といえば、やはり先程からも申し上げている「高価買取」が可能な点でしょう。

現在は、多くの自動車買取業者が参入していますが、有名なところだけでも、

・アップル

・カーチス

・ラビット

・T-UP(ティーアップ)

・8710(ハナテン)

・ガリバー

・カーセブン

・ビッグモーター

・カーリンク

・ユーポス

・COW-COW

などがあります。

これら大手のほとんどが全国展開を行っており、全国どこにお住まいの人でも、これら大手の自動車買取業者を利用することが可能となっています。

それでは、何故、これら自動車買取業者ではディーラーや販売店の下取りや、中古車販売業者の買い取りよりも、高額な買い取りが可能なのでしょうか?

それは、自動車買取業者は買取業者という他に、販売業者という一面も持ち合わせており、この販売業者としての企業力がディーラーや販売店、中古車販売業者より大きいことが一番の要因でしょう。

中古車を買い取ったとしても、買い取っただけでは自動車買取業者は何の利益も生み出すことはできません。

ですから、自動車買取業者は買い取った中古車を転売することで利益を上げているのです。

この点は他の業者と全く同じなのですが、買い取りしても転売できないことには利益は生み出せません。

そこで、自動車買取業者は確実に転売するために必要な、大規模な販売市場を確立することに成功しているのです。

 

2.自動車買取業者の販売市場とは?

それでは、高価買取を実現している自動車買取業者の大規模な販売市場とはどのようなものなのでしょうか?

「全国各地のオークションを利用」

まず第一に挙げられるのが数多くのオークションを利用しているという点です。

下取り、買い取りされた中古車はそのまま店頭に並べられて販売されるケースもありますが、現在ではこのケースはほとんど見られません。

以前ならば、何100台も中古車が並べられた中古車販売会社がいたるところで見られましたが、今ではほとんどなくなっているのが実情です。

そこで現在、この販売方法にとって変わったのがオークションでの販売です。

オークションとはディーラーや販売店、中古車販売業者、自動車買取業者など様々な自動車業者が参加するいわば中古車の卸売市場のようなものです。

一般の人が参加することはできず、自動車業者でも参加申し込み登録を行ったオークションしか参加することができないので、業者によって参加できるオークション数は変わってくることになります。

このオークションは規模に大小はありますが、全国各地で数多くのものが常時開催されています。

高価買取可能を掲げる自動車買取業者は、この全国各地で開催される数多くのオークションに参加することによって、買い取りした中古車を即時転売することを可能としているのです。

自動車は年数が経過するほど市場価値が下がります。

よって、買取後短期間で転売できなければ販売価格は段々と下がることとなり、最悪な場合は、買取価格を割ってしまうことも考えられます。

また、転売先が決まらなければ買い取った中古車は業者が管理することとなり、その間の管理費もかかってきます。

ですから一般的な業者は中古車を下取り・買い取りする際は、これらリスクを加味した上での買取価格を算出します。

しかし、高価買取を掲げる自動車買取業者では、この数多くのオークションに参加して転売できる確率を上げているため、そのリスクを考えない買取価格の算出が可能となり、他の業者よりも高価買取を実現しているのです。

 

3.多岐にわたる転売方法

そして、自動車買取業者が多くの車種を高価買取できる隠れた要因が、多岐にわたる転売方法を確立している点です。

買い取りした中古車は、次のオーナーを探して転売されることになりますが、事故車や年数が何十年と経過した中古車の場合はどうでしょう。

おそらく、次のオーナーは見つかることなく、廃車にするしかないというのが普通だと思います。

ですから、こういった中古車の場合、転売できないという理由から査定価格はゼロ円となります。

しかし、それでも買い取りをしてくれる自動車買取業者も存在します。

そして、廃車にするしかない中古車を自動車買取業者が買い取りできるのも、多岐にわたる販売方法を持ち合わせているからなのです。

その販売方法には、

・海外への輸出

・部品などのパーツ販売

・スクラップ後に鉄として販売

などがあります。

事故車や多年経過の中古車でも走行に問題がなければ、海外市場では十分に需要があります。

また、それが不可能な場合でも、部品どりして中古パーツとして販売したり、車体本体を鉄として販売することも可能なのです。

おそらく、こういった販売方法は手間がかかるために十分な利益が上がらないことから、一般の業者では敬遠される傾向にありますが、通常は廃車にするしかないと判断される中古車でも買い取りOKという自動車買取業者ならば、こういった方法で転売しているので、査定価格ゼロ円の中古車にも立派に買取価格が付くこととなるのです。