買取査定はどうすればいいの?③一括査定サービスのデメリット

      2016/02/27  [買取査定について]

しかし、メリットの高一括査定サービスにもデメリットは存在します。

それは申し込み後、ある期間は中古車買取業者からの連絡でバタバタしてしまうという点です。

連絡は電話やメールで行われますが、一度に同じタイミングでどんどん連絡が入ってくることになり、それを一人で対応しなければならにので少々嫌になってしまうかもしれません。

最近は最大で10社もの一括査定ができるサイトも登場しているので、この点は覚悟しておいた方がいいでしょう。

ですから、多くの業者を相手にしても混乱しないように、各社の情報や出張予定を管理できる表を作るなどの対策は練っておくことをおススメします。

できるだけ高い査定をゲットするためには必要なことなので、諦めて我慢するして対応していくしかありませんね。

 

1.多く入る連絡は実はデメリットばかりとは…

連絡内容は概算での買取額の提示と主張査定の日時の決定が目的で、連絡方法はメールだけで行われるところもありますが、直接電話連絡が入ってくることがほとんどです。

しかし、電話連絡後に次回から連絡をメールに変更する旨を伝えれば、電話対応に追われることもなく落ち着いてメールでのやりとりをすることも可能ですから、面倒だという人は変更を申し出た方がいいでしょう。

しかし、デメリットとも言えるこの電話連絡ですが、これって実はあながちデメリットとばかりは言えないのです。

というのも、業者から何度も連絡があるということは、それだけ業者が査定に出している自動車を購入したいという強い意思の表れでもあるのです。

考えてもみてください。

依頼はしたものの、事務的な連絡以外は一切連絡がないというケースと比べれば、連絡が多いということがいかに好感触であるかはお分かりいただけるかと思います。

ですから、何度も連絡を入れてくる業者が多ければ多いほど、その自動車が市場で人気があるという証にもなりますし、その分、プラスアルファがの査定をゲットできるチャンスとも言えるのです。

 

2.査定が気にいらない場合には早めに断りを!

買取業者は利用者が販売先決定を行うまで、電話等による買取の営業を仕掛けてきます。

査定に出した自動車が人気車であるほど、その営業は熾烈なものになってくるでしょう。

ですから、検討対象とならない業者には早めの断りを入れるようにしましょう。

そうすることで相手にする業者を減らすこともできますし、その方が無駄な営業に時間を割かなくても済むので却って業者さんの為にもなります。