自動車の個人売買のメリット・デメリット①個人売買のメリットとは?

      2016/02/21  [個人売買でのデメリットは?]

それではまず、多くの人が利用している個人売買には、どのようなメリットがあるのかを説明していくことにしましょう。

 

1.買取業者等の利益やコストが不必要!

中古車の買取はディーラーや中古車買取業者等の専門業者に査定をしてもらう方法が一般的な方法です。

この場合には、

販売希望者→ディーラー又は買取専門業者が買取→オークション出品→販売店が販売→買取希望者

という流れとなります。

見てもらえば一目瞭然ですが、一般的な中古車売買の場合には買取から販売まで実に多くの業者が介入していることがお分かりいただけるかと思います。

そして、ここで注目してもらいたいのがその介入する業者の数です。

介入している業者はもちろんボランティアで中古車売買を行っているわけではありませんから、それぞれの業者は利益はもちろんのこと、取引時に発生する様々なコストが必要不可欠となってきます。

ですから、業者の利益やコストが買取価格や販売価格に直接影響してくることとなり、介入してくる業者が多ければ多いほど販売時には査定価格は安くなり、販売時には購入価格が高くなってくるという驚きの図式が成り立ってしまうのです。

これは、より良い条件での中古車売買を希望する人にとってはデメリットとしか言いようがありませんよね。

しかし、個人売買ならばそんなデメリットは一切発生しません。

個人売買ならば介入業者が全く存在しないので、売買の流れは介入業者を除外した、

販売希望者→買取希望者

という単純な形となり、介入業者が必要とする利益やコストを完全に省くことができるので、その分お得な取引が成立することになるのです。

 

2.消費税がかからない!

何を隠そう、個人売買の場合には消費税が全くかかりません。

これは「知らなかった!」と驚く人も多いのではないでしょうか?

商売をしていることを前提としている企業や個人事業主などの取引に対しては消費税が課税されることになりますが、個人取引に対しては消費税の課税はありません。

友達から聞かなくなったCDを買ったとしても消費税を支払ったことなんてありませんよね。

ですから、あくまで営利目的以外での個人売買ならば消費税のことは全く考えなくてもいいのです。

特に高額取引の中古車売買では、消費税額の大きくなってくるためにこれは大きなメリットとなってくるのです。

つまり、通常ならば消費税として発生する額を販売側と買取側で折半して、そのまま取引額に反映することが可能となってくるので、双方にとってメリットのある取引を行うこともできるというわけです。

これは中古車購入する側にとってのメリットは特に大きく、100万円の中古車を購入した際に消費税の8万円がかからないというのは本当に大きな魅力となってくることは言うまでもありません。

 

3.カスタマイズカーがいい条件で売買できる

一般的な査定方法では、純正のパーツでのカスタマイズは高査定となってくるのですが、専門店での外注パーツを利用したカスタマイズはマイナス査定となってしまいます。

これは嗜好性が一部の人達に限られ、一般性の購入者向けとならないためにカスタマイズカー専門の買取業者でもない場合、何百万円もかけてカスタマイズした自慢の愛車も悲しいことにマイナス査定となります。

しかし、個人売買ならば話は別です。

同じ嗜好の人との売買が成り立てば、大金をかけてカスタマイズした分も考慮に加えられるので却って高い評価を受けることが多いのです。

中には、できるだけ高く査定してもらうために、査定前にカスタマイズしたパーツを全て純正に戻す人もいるようですが、簡単に元に戻らないようなカスタマイズをしている人も少なくないでしょう。

そんな人にとっては、まさしく個人売買こそ願ってもない取引方法と言えるでしょうね。