個人売買のトラブルって?③車両引渡し時のトラブル

      2016/02/21  [個人売買でのデメリットは?]

自動車の個人売買において一番気になってくるのが、売買契約がまとまった後の車両引渡しとなってきます。

基本的に商品の購入の場合には、商品と代金の同時交換が鉄則となってきます。

ですが、自動車の個人売買の場合には、両者、もしくは片一方が売買行為に精通した専門家でないことから、車両引渡しに関するトラブルが多く発生しているのも実情です。

それでは、車両トラブルに巻き込まれないためにも、車両っ引渡し時の注意点を紹介していくことにしましょう。

 

1.買い手・売り手が相対しての引渡しが原則

車両引渡し時に一番重要となってくのが、車両の引渡しと代金の受け渡しは同時に行うことが鉄則であるとういうことです。

もちろん、この際には当人同士がその場にいることが前提です。

この取引形態が、車両が届かない、代金が支払われないなど、車両引渡し時のトラブルを回避するための一番最善な方法と言えるでしょう。

そして、当人同士が相対して引渡しを行う際には、その場でチェックしておくべきポイントがあります。

それは、

・ボディのチェック

・内装のチェック

・タイヤのチェック

・付属品のチェック

・必要書類のチェック

などです。

個人売買の場合には、この時に購入する自動車を初めて見るとことが多く、今までは写真と掲載データでしか自動車の状態を確認できていないというケースがほとんどです。

ですから写真や掲載情報と違っていないかをキチンとチェックすようにしてください。

この時点でチェックを怠ると、それ以降に気が付いたところがあったり、書類や付属品が不足していたとしても、本当に受け渡し時になかったのかどうかを立証しづらくなって、後々トラブルを生むことにもなりかねません。

自動車の状態もさる事ながら、説明書や整備点検記録簿、車検証などの書類をはじめとして、オーディオやナビのリモコンやスペアタイヤ、スペアキーなどの付属品のチェックはシッカリと行うようにしましょう。

また、見た目や整備点検記録簿や車検証などの書類上で問題なくても、自動車は走って初めて価値があるものです。

ですから、その場で売り手とともに試乗して、走りに問題がないかを確認するようにしてください。

自動車にあまり詳しくないという人は、専門家もしくは、自動車に詳しい知人に頼んで一緒に行ってもらうというのもいい方法です。

そうすれば、走行時だけでなく、自動車の状態をチェックしてもらうことも可能なので、より精度の高い確認を行うことができます。

 

2.買い手・売り手の相対した引渡しができない場合

しかし、自動車の個人売買の場合には、買い手と売り手が全国にまたがるケースも少なくないために、必ずしも当人同士が相対した状態で車両と代金の引渡しが行えるわけではありません。

この現状が車両引渡し時のトラブルを発生させている原因でもあるのです。

できれば距離があっても相対した取引を行うことが望ましいのですが、どうしても無理な場合には、事前にトラブルを引き起こさないための注意が必要です。

このような場合には、運送業者や仲介業者を利用することになってくるのですが、基本的にこれら業者は代金ノータッチが原則ですから、代金は買い手からの振込という形に限定されてきます。

 

3.買い手・売り手の相対した引渡しができない時の注意点

(売り手側)

・車両が先渡しなら、入金確認後に書類を送付する

・先渡し金として先に代金をいくらか受け取る

(買い手側)

・車両納品までは先払いを求められても、一部金に留める

・決して先に一括支払いはしない

などの注意が必要となってきます。

売買契約が通常買い物を行っている社会的に名の通った企業であれば、安心した取引が補償されているのですが、個人売買に関してはそれは期待できません。

ですから、通常買い物するような感覚での取引は厳禁で、自動車を送ったのに代金が入金されない、入金したのに自動車が送られてこないといった最悪なケースが発生することも想定に入れておかなければならないのです。

特に自動車の個人売買においては取引額が大きくなるという危険性があるので、直接相対しての取引が不可能となってくる場合には、なんでも相手の言うとおりに対応するのではなく、トラブルとならにためにも買い手・売り手の双方が注意深く考えた対応をすることが必要不可欠となってくるのです。

 

4.自動車査定を済ませたものがおススメ!

自動車の個人売買は双方が納得した条件での契約となります。

ですから、契約条件も双方で話し合うことができるのです。

そこでおススメしたいのが自動車査定です。

特に引渡しが相対してできない状態では、送られてきた自動車が条件にそぐわないものだった時に引き取ってもらうのも一苦労です。

ですから、自動車の状態をできるだけ事前に正確に確認しておくことが、重要なポイントとなってくるのです。

よって、契約時には自動車査定を買取条件として挙げるのがおススメなのです。

これらならば、専門家による査定を確認することができるので、送られてきた自動車を見て俄然とすることもないでしょう。

また、売り手も自動車査定を付けることで、買い手も安心できるので購入希望者も増えて、より良い条件での販売が可能となってきます。