下取り① 下取りと買い取りの違い

      2016/02/21  [愛車を下取りする]

下取り、買い取りは

  • 下取り → 新車購入先のディーラに販売
  • 買い取り → 買取専門業者に販売
  • を指します。

    ですから、一見、乗っている自動車をどこに引き取ってもらって代償を得るかが違いであるかのように思えます。
    しかし、これはあくまでも自動車を売る側の人から見た一つの性質であるだけで、本来の性質は全く違うものとなってきます。

    下取り先であるディーラーと、買い取り先である買取専門業者の本来の役割
    下取り先であるディーラーと、買い取り先である買取専門業者の本来の役割を考えれば簡単に理解することができます。

    その役割とは、
  • ディーラー → 新車を販売するところ
  • 買取専門業者 → 中古車を買い取りするところ
  • となっています。

    ですから、そもそもディーラーでの下取りは新車購入を前提としたもので、ディーラー自体は中古車の引取りに力を入れていないのが実情です。
    これに対して、買取専門業者は新車購入とは関係なく中古車の販売が可能で、買取専門業者は引き取った中古車の転売業務を目的としているので、中古車の買い取りに力を入れています。

    下取りと買い取りの違い
    つまり、買取専門業者は意欲的に中古車の引取りを切望しているのに対して、ディーラーでは、あくまで新車購入してもらうためのサービスの一環という位置づけであり、決して切望してまで行っているわけではないというのが実情なのです。
    そうなれば、当然、下取りと買い取りには何らかの違いが出てくることは容易に想像が付いてくるかと思います。

    それでは、下取りと買い取りとにはどのようメリット・デメリットがあるのかを詳しく見ていくことにしましょう。