下取り⑥下取りを利用する際の注意点

      2016/02/21  [愛車を下取りする]

下取りよりも買い取りに出した方が絶対にお得と断定してしまうのもおススメできませんが、端から新車購入と下取りをセットで行うのも考えものです。

未だに新車購入時には、その購入先のディーラーや販売店に当然のごとく今乗っている自動車を下取りに出す人がいますが、一般的には買取専門業者の方が高額査定を行ってくれるということをチャンと把握しておいて欲しいのです。

事実、下取りでは廃車代くらいにしかならない、全く査定が出ないという場合でも、買取専門業者ならいくらかにはなることが多いですし、中には下取り査定と比べると30万円以上もの開きが出たという話も珍しくありません。

ですから、まずは下取りオンリーという考えはやめて、取り敢えずは買取専門業者への査定を依頼してみることを忘れないようにしましょう。

 

1.買取査定はどうすればいいの?

そこで問題となってくるのが買取査定の方法となってくるのですが、現在は多くの買取専門業者がおり、インターネットでの査定申し込みが可能です。

ですから、最寄りの中古車販売店や買取専門業者を探して訪問する手間も省けて、手間もかからず査定依頼することができます。

主だった買取専門業者には

・ガリバー

・ラビット

・アップル

・Tup(ティーアップ)

・カーセブン

・カーチス

などがあげられます。

またこのインターネット査定の申し込みの流れは、

1.ホームページ上から査定ページへと入る

2.必要事項を記入して送信

3.メールまたは電話で業者から連絡が入り、初回の査定額が提示される

4.訪問査定日を段取り、査定をしてもらう

5.最終査定金額が提示される

となります。

最終的には現物を直接査定してからの金額提示となりますが、訪問査定ですから時間合わせだけで、わざわざ出向く必要はありません。

また、自分の都合に合わせた段取りが組めるので、査定回りのために休日を丸々無駄に費やすことなく、余った時間を利用して査定を行うことが可能です。

 

2.複数社査定を行おう!

また、インターネットによる査定を行う場合には、必ず複数社からの見積もりを取るように心がけましょう。

査定申込み後の連絡で他社見積もりを取っているかどうか聞かれることとなりますが、1社だけと答えると高い査定をゲットすることはできません。

必ず複数社に見積依頼をして、その中で高額提示をしている数社を競合させるのが一番高額査定がゲットしやすい方法です。

 

3.一括査定見積もりが便利!

そして複数社へ査定見積もりを依頼する方法でおススメなのが一括査定見積のサイトです。

インターネットでの査定申し込みが簡単だといっても、複数社へ申し込む場合には、重複して同じ処理を行わなければなりません。

これって、よく考えると面倒なことですよね。

しかし、一括査定見積のサイトを利用すればたった一度の入力で、一度に複数社への見積依頼をすることができるのです。

主な一括査定見積サイトには、

・カーセンサーnet

・ズバット車買取比較

・かんたん車査定ガイド

・楽天市場

・車査定無料ラボ

などがあります。

一括で見積依頼できる社数はサイトによって違ってきますから、できるだけ社数が多く、有名なサイトが入っているところを選ぶようにしましょう。

 

4.一括査定見積サイトを利用するときの注意点

一括査定見積サイトの傾向として、取った見積金額がどことも横並びという結果となるサイトもあるようです。

これは、サイトに参加している買取専門業者の査定金額の傾向をお互いに分かっているために、査定金額を抑えるためだと言われています。

ですから、一括査定見積サイトを利用して査定金額が横並びの場合には、他のサイトも利用してみることをおススメします。

偶然に査定額が並んだだけという場合もありますが、そうでない場合には、他ののサイトの方が高額査定となる可能性が高いので必ず挑戦してみおるようにしましょう。