下取り時のポイント【下取り値引きと新車値引きの関係は?】

      2016/02/21  [愛車を下取りする]

下取り値引きと新車値引きの関係は?

新車を購入する場合には、できるだけサービスしてもらいたい、値引きをしてもらいたいと考えるのは当たり前の話ですよね。

しかし、皆さんもご承知のとおり、モデルチェンジ前のモデルならばいざ知らず、一般的に新車購入時の値引き額はさほど期待することはできないのが実情です。

ですから、できるだけ安く購入するためにも、今乗っている車の下取りはできるだけ高額で買い取ってもらわなければなりん。

高額で買い取ってもらう方法については、前章でご説明したとおり、買取専門業者を利用するのがおススメの方法です。

しかし、それでも面倒な処理が嫌で新車購入先のディーラーに下取りしてもらうという人や、買取専門業者に見積依頼したけれどディーラー下取りになったというケースも少なくありません。

そこで注意しておいてもらいたいのが、ディーラーが提示する下取り値引きと新車値引きの関係性です。

これは、ディーラーの見積もりマジックに引っかからないためにも、重要なポイントとなってくるので、是非ともシッカリと理解しておくようにしましょう。

 

見積もりの下取り値引きと新車値引き表記は要注意!

 

商売はできるだけ高く売りたいという売り手と、できるだけ安く買いたいという買い手の攻防戦とも言えます。

 

ですから、販売のプロでもあるディーラーはできるだけ売り手有利に商談を進めるために様々なテクニックを駆使します。

 

見積もその一つです。

 

ディーラーは買い手の希望に沿った見積にしようと、下取り値引きと新車値引きを上手く使った見積書を作り上げるのです。

 

それでは、見積もりの際に使われるディーラーテクニックによるマジックを紹介していくことにしましょう。

 

下取り値引きを下げて、新車値引きを上げる

 

先程も申しましたように、新車購入時の値引き額には限界があります。

 

ですから、いくら頑張ったとしても希望値引き額をゲットすることができない場合もあるわけです。

 

そんな際に、「あと5万円だけ値引きしてくれたら買うのに」というお客さんに対して利用されるのがこの下取り値引きを下げて、新車値引きを上げる方法です。

 

実質の値引き価格を30万円、下取り価格を30万円としましょう。

 

通常なら、見積書には上記の金額が記載されるのですが、事前打ち合わせで合意条件があと5万円の値引きですから、ディーラーのセールスマンは、

 

・値引き価格 35万円

 

・下取り価格 25万円

 

と記載するわけです。

 

これならば、ディーラー側は損することなく、買い手の条件を飲んだ形にして見事契約成立を獲得できるというわけです。