下取り時に掛かる諸費用①下取り諸費用

      2016/02/21  [愛車を下取りする]

m

下取り諸費用と言われても、一体何にかかる費用なのかチンプンカンプンというのが一般の人の反応でしょう。

この下取り諸費用とは、簡単に説明すれば、下取り車の名義変更など各種手続きにかかる手数料のことを指します。

下取りした自動車は、次の所有者へ移ったり、廃棄されたりすることとなるので、前オーナーの名義をそのままにしておくことはできません。

また、仮に行くあてのない状態でも名義をそのままにしておけば、毎年の自動車税の請求が前オーナーに送られてしまうことになるので、名義変更及び廃棄処理は必ず行わなくてはならいのです。

こういった手続きを行うための手数料として、下取りしたディーラーや販売店が請求してくるのが下取り諸費用というわけです。

 

1.金額はどれくらいなの?

それでは、下取り諸費用として請求される額はいくらくらいなのでしょうか?

これは、下取りしてもらったディーラーや販売店によってまちまちで、5千円~1.5万円くらいが相場と言われています。

 

2.手続きの内容は?

そして、下取り後に必要となってくる手続きには、

・名義変更

・廃車処理

・所有権解除

などが考えられます。

しかし、ここで考えてもらいたいのが、これら各手続きを行う必要がある責任の所在です。

基本的には、名義変更と廃車処理に関しては自動車の購入者がすることになっているのです。

ローンなどで自動車を購入している場合には、残金処理を行った上で、ローン会社やクレジット会社に所有権の解除を求めることとなるために代行費用として手数料請求されるのも道理なのですが、本来、手続きを行う義務がない売り手である前オーナーがその手数料を請求されるというのは、よく考えてみれば実におかしな話ではあります。

しかし、これら手続きの費用が手数料として請求されることは、ディーラーや販売店などの自動車業界において昔からの常識として根付いているのが実情です。

 

3.下取り諸費用は値引き枠?

買取専門業者の最大のメリットといえば高額査定が挙げられますが、実は、ディーラーや販売店で請求される下取り手数料がかからないというのもひとつのメリットと言えるでしょう。

現在は、これら買取専門業者を利用する人が多くなってきたこともあり、「下取り諸費用って本当に必要なの?」と気づく人も多くなってきました。

ですから、ディーラーや販売店の中でも、下取り諸費用を請求しないケースも増えてきているのです。

先程もご説明したとおり、ほとんどの場合の下取り諸費用は本来、売り手である前オーナーへ課せられる性質のものではありません。

ですから、基本的にはこれら下取り諸費用は請求した金額すべてを純利益ともできる、とても高い利益率を生み出す非常に有益な商品でもあるわけです。

つまり、下取り諸費用と呼ばれる手数料は、例えそれが見積に記載されていたとしても、上手く交渉すれば値引きや無料サービスとなるケースも少なくないのです。

端から請求しないケースが増えてきているように、下取り諸費用はゼロ円にすることも可能な重要な値引きポイントです。

見積に記載しているセールスでも、ダメもとで記載しておいて「買い手からツッコミがなければそのまま利益に…」と考えている人が多いのも事実です。

ですから、見積に下取り諸費用という項目がある場合には、必ず交渉することを忘れないようにしてくださいね。