下取り査定の傾向

      2016/02/21  [愛車を下取りする]

自分の乗っている自動車を販売する方法としては、下取りと買い取りの2つが挙げられます。

一般的に、今乗っている自動車から他の自動車に乗り換える場合にディーラーや販売店に買い取ってもらうのが下取り、乗り換えは別としてディーラーや販売店、もしくは買取専門業者に買い取ってもらうのを買い取りと呼びます。

現在は買取専門業者が多く、下取りよりも高額査定が望めることから買い取りを希望する人も増えてきたのですが、両者にはメリット・デメリットがあるためにどっちが得なのかは一概に断定することはできません。

しかし、買い取ってもらう自動車の種類によっては、確実に査定が低くなる傾向はあるので、それチャンと理解した上で買い取ってもらう方法を選択した方がいい場合もあります。

それでは、持ち込む自動車によって査定がどのように変化するのかを解説していくことにしましょう。