自動車ローンの種類 「メーカ系ディーラーのディーラーローン」

      2016/02/28  [自動車ローンの仕組みとポイント]

メーカ系ディーラーのディーラーローン

メーカー系ディーラーで自動車を購入した際に同時に申し込めるローンのために、中にはメーカー系ディーラーがお金を貸してくると勘違いしている人もいるようですが、ここで利用されるローンやクレジットはメーカー系ディーラーが提携しているローン会社やクレジット会社を利用したもので、総称してディーラーローンと呼ばれています。

toyota

現在は自動車メーカーが関連企業としてメーカー系クレジット会社を持つところが多く、それには、

・トヨタ トヨタファイナンス

・日産 日産ファイナンスサービス

・マツダ SMMオートファイナンス

・ホンダ ホンダファイナンス

などが挙げられます。

こうやってメーカー名が入ったメーカー系クレジット会社が多くなってきたこともメーカー系ディーラーがお金を貸してくると勘違いさせてしまう原因の一つでしょう。

しかし、メーカー系ディーラーではない、全く別会社のローン及びクレジット会社を利用しているということをチャンと理解しておきましょう。

 

長所

ディーラーローンの長所といえば、その最大の特徴とも言える手続きが簡単なところでしょう。

商談がまとまれば、そのままローン申込書に記入するだけで後の処理は全てメーカー系ディーラーが行ってくれるので、面倒な処理を自ら行う必要はありません。

また、審査時間も見短く、過去に信用取り引きで何の問題もなければ数時間で結果も出るので、利用しやすさに関しては一番とも言えます。

そしてメーカー系輸入車ディーラーで多く見かけるのが、車種限定で定期的に低金利キャンペーンが行われているケースです。

これは通常よりも低金利が設定されているので、外車や輸入車の購入権絵王をしている人は見逃せません。

これならば、面倒な処理もなしで、低金利で有名な銀行と変わらない金利でのローンが組めるので、本当に一挙両得な自動車ローンとなってきます。

 

短所

しかし、ディーラーローンは他の自動車ローンと比較すると若干金利が高いという大きな短所があります。

これは、メーカー系ディーラーに契約料としてマージンが入る流れとなっていることが最大の原因だと言われています。

最近は以前ほど高い金利ではなくなってきているようですが、それでも金利をどうにかしたいという場合には提携ローン会社ではなく、メーカー系ディーラーに直接交渉するようにしましょう。

マージン分を還元して金利を下げてもらうことも可能です。

つまりは、ディーラーローンは金利交渉が可能なローンであると考えてOKというわけです。

金利が高いのが短所ではありますが、交渉次第では短所を改善できる可能性もあるというわけですね。