自動車ローンの種類「銀行や信用金庫のマイカーローン」

      2016/02/28  [自動車ローンの仕組みとポイント]

loan

銀行や信用金庫のマイカーローン

自動車は高額物件となるのでローンを組む際には、数パーセントの金利差で支払総額が大きく変動してくることも少なくありません。

ですから、自動車ローンの契約先を検討する場合には、金利が幾らになるのかは重要な選定ポイントの一つとなってきます。

そこで、金利面でのメリットが一番期待できるのが低金利融資が可能な銀行や信用金庫のマイカーローンです。

銀行や信用金庫の窓口では必ずマイカーローンの相談窓口が用意されています。

ですから、簡単に金利相談をすることが可能です。

また、最近は店舗を持たないネット銀行が年々増加していますが、このネット銀行はローン商品の販売を主力としているところが多いので、このネット銀行を利用してマイカーローンを申し込むことも可能です。

ネット銀行ならばわざわざ出向いていく必要もなく、申し込みだけでなく、すべての処理をインターネットやスマホなどから簡単に行うことも可能です。

忙しい現代人には、まさにおススメの申込方法をもつ自動車ローンと言えるでしょう。

そして、銀行の場合にはメガバンクの方が金利が低いと思われがちなのですが、驚くことに金利に関してはメガバンクよりも地方銀行や信用金庫の方が低いのが実情です。

わざわざお住まいの地域にないメガバンクに申し込むよりも、地元の地方銀行や信用金庫のマイカーローンの利用の方がお得というケースが多いということは
忘れないようにしましょう。

 

長所

銀行や信用金庫の長所といえば、先程から触れている低金利である点が挙げられます。

5パーセント以下の金利が一般的で、中には3パーセントを切るものまであります。

そして長期返済が可能な点も見逃せません。

通常のローンやクレジットでは自動車の法定減価償却年数とされている6年が返済期間の一般的な最長年数となってきますが、銀行や信用金庫の場合には、それ以上の年数を設定することもできるので、生活スタイルにあった無理のない返済が可能ですし、チョット無理して高額な外車や輸入車を購入することも可能となってきます。

また、申し込む先の銀行や信用金庫に対して取引実績がある場合には、更なる金利引き下げが可能なサービスを行っているところが多いのも嬉しいポイントです。

給与振込や公共料金お自動引き起こしなどの口座利用や、住宅ローンの借入を行っている場合には、まずは利用先に銀行や信用金庫への申し込みを検討するようにしましょう。

 

短所

金利面に関しては多くのメリットをもつ銀行や信用金庫のマイカーローンですが、金利が安いことが災いして、申し込み時には、

・提出書類が多く必要になる

・審査に時間がかかる

・審査が厳しい

というデメリットが存在します。

そのために自動車購入が決まってから申し込むと、審査結果が出るまでの時間がかかる上、審査に通らなかったということもあるので大慌てしなければならにことになってしまいます。

申し込み時にも、メーカー系ディーラーや販売店が出した見積書だけでなく、収入の証明のために源泉徴収票や納税証明書、確定申告書など指定された収入証明書の提出が必須となってきます。

ですから、ディーラーローンのように手軽に申し込めると思っていると、大変な思いをすることになるので注意が必要です。

また、銀行や信用金庫の審査は、自動車ローンの中でも一番厳しいと言えます。

取引実績がない場合には審査は厳しく時間がかかり、勤続年数が短い場合や、定職に就いていない場合には審査に通らないことが多いのが実情です。

信用状況が大きく影響してくるので、自信のない人は端から他の自動車ローンを検討した方が無難かもしれません。